県高校室戸大会相撲「明徳が7連覇」(高知新聞)


明徳が7連覇
個人も大塔(明徳)が制す

相撲の県高校室戸大会が23日、室戸市相撲場で開かれ、5人制の団体は明徳義塾が7年連続 27度目の優勝を果たした。無差別級個人は大塔(明徳)が制した。昨年から実施している3人制の団体も明徳Aが制した。
  団体は4校がエントリ−していたが、高知が欠場し、明徳、高知農、宿毛でリーグ戦が争われた。3校での試合は55回目を迎えた大会史上最少。
  明徳は宿毛を4-1で下すと、高知農には1-2の劣勢から逆転勝ち収めた。個人決勝は大塔がオドフーとの明徳勢対決を制した。体重別個人は80`級で高橋(高知農)、100`級で有光(同)が優勝した。
 
主力 3人力示す
〇・・・全国高校選抜大会16強の明徳が貫録を示した。5人制団体で、事実上の決勝となった高知農戦は1-2の劣勢から逆転。同大会レギュラーのオドフー、石崎、主将大塔の主力がきっちり力を示した。
  オドフーは、距離をとって動く相手をしっかり捉えて突き出し。石崎はもろ手で押してきた相手を逆にもろ差し、一気に土俵際へと追いやった。大塔は立ち合い後に勝負を急ぐ悪い癖が出ず、落ち着いて寄り倒した。山本監督は「3人とも落ち着いていたし、逆転を食らうような相撲ではなかった」と評価した。
  勝てたことは収穫だ。ただ、大塔は「インターハイでは入賞を狙っている。僕らもそうだけどレギュラー以外の選手にも力を付けてもらわないと」と話し、公式戦初出場の1年、次鋒の麻田は「一生懸命練習してレギュラーに定着したい」と気持ちを高めていた。
                                 (谷川剛章)       

 

提供:高知新聞 平成29年4月23日 朝刊
[x] CLOSE

 
 
堂ノ浦キャンパス(本校)〒785-0195 高知県須崎市浦ノ内下中山160 Tel.088-856-1211(代)Fax.088-856-3214
竜国際キャンパス 〒781-1165 高知県土佐市宇佐町竜564 Tel.088-828-6688(代)Fax.088-856-3060
 
Copyright(C)Meitoku Gijuku junior&senior high schools.All rights reserved.