h


図書室便り 5月


「図書室で過ごす昼休みが、至福の時だ」と、話しながら入室して来た生徒がいました。
嬉しい言葉の贈り物です。

私は、開校当時の明徳生です。当時は、校舎も寮もすべての設備が整っていませんでした。
寮にいたっては、6〜8人の大部屋です。図書に接することや、快適で静かな環境という、ふたつの条件は当時の学校生活では無縁でした。

時代は変わり設備が整ってきても、寮生活ではなかなか静かな自分の時間を手に入れることはできません。
起床からバタバタと始まる一日の生活。
そんな中、昼休みにゆったり静かに過ごす時間を持つことで、気持ちにゆとりが生まれ、そこから貴重なものを得ることができます。

図書室では、本・新聞・漫画を読む生徒とさまざまです。たかが昼休みの20分程ですが、3年間通い続けたら莫大な時間になります。

特設コーナーは、前回に続き「山田悠介」作品を並べています。依然、本校図書室貸し出しランキング1位を独走中。今、中学生の間では、読んでみたいというきっかけを与える会話が弾んでいるのでしょう。入れ替わり立ち代わり来てくれます。


 




[x] CLOSE

 
 
堂ノ浦キャンパス(本校)〒785-0195 高知県須崎市浦ノ内下中山160 Tel.088-856-1211(代)Fax.088-856-3214
竜国際キャンパス 〒781-1165 高知県土佐市宇佐町竜564 Tel.088-828-6688(代)Fax.088-856-3060
 
Copyright(C)Meitoku Gijuku junior&senior high schools.All rights reserved.