中1研修

 

4月26日と27日の2日間で、中1生の新人研修が開催されました。集団行動や明徳教育で学ぶ大切なことなどについて、校長先生や教頭先生が話をしました。

吉田校長「ここに来た目的は、幸せになるということです。プロ野球の最高のエースであったとしても、ファンを無視したりして、生意気と言われちゃいかんね。徳体知バランスの取れたちからのなかで、うちでは徳が一番の土台となるように、今朝も朝礼で、大自然に感謝し、親祖先にあいさつをしたね。起床から学校に登校するまでの間に、うちの教育は濃縮されているよ。食堂で『いただきます』の前に、食堂のおじちゃんおばちゃん、お百姓さんお魚屋さんに感謝をしたね。生かされている感謝の心をもつ体験を毎日ここで経験を積むことができます。さて、明日からゴールデンウィークで、久しぶりに自宅に帰ります。墓参帰省です。お墓参りをしてください。お墓が遠い人は、おじいいちゃんおばあちゃんの方を向いて、ありがとうと、心の中でいうのもいいよ。」わかりやすく明徳教育の理念についてお話をしました。

続いて本校1期生の松浦教頭が創立当初に先代の校長先生から学んだこと。社会で役にたった明徳教育についてはなしをしました。「僕は毎日夕礼で長い時間創立者が一生懸命ぼくたちに話をしてくれました。『後世への最大遺物』という冊子のなかの話をずっと聞きました。どんな人間にならんといかんか、人生の壁にぶつかったときに、必ず答えが見えてくる書籍でした。ここで育った人が明徳人。せっかくここに入学したみんなは、根を広げて、芽生えていってほしい。」というものでした。

[x] CLOSE

 
 
堂ノ浦キャンパス(本校)〒785-0195 高知県須崎市浦ノ内下中山160 Tel.088-856-1211(代)Fax.088-856-3214
竜国際キャンパス 〒781-1165 高知県土佐市宇佐町竜564 Tel.088-828-6688(代)Fax.088-856-3060
 
Copyright(C)Meitoku Gijuku junior&senior high schools.All rights reserved.